会社ホームページ作成.comは中小企業・個人事業主向けのホームページを格安で制作します。

会社ホームページのためのドメインの取得方法

会社のホームページを作成するためにはドメインが必要になります。ドメインとはこのホームページでいえば「kaisha-hp.com」の部分のことです。ドメインが無くてもホームページを公開することはできますが、その場合のURLは「kaisha-hp.xserver.ne.jp」のようになってしまい信頼性に欠けます。ドメインは種類によりますが年額1000円くらいから取得できますので、会社のホームページを作る場合はぜひドメインを取得することをおすすめします。

この記事では、ドメインの取得方法について順を追って書いていきます。

ドメインに使う文字列を決める

ドメインを取得するとなったときにまず考えるのはドメインに使う文字列です。このホームページでいえば「kaisha-hp」の部分のことです。

基本的には会社の名前になりますが、一部を省略したり英語にしたりハイフンを入れたりと、様々なパターンが考えられます。次は会社ホームページ作成.comの例です。

  • kaisha-homepage-sakusei(長い)
  • kaisha-homepage(まだ長い)
  • kaisha-hp(ちょうどいい)
  • company-hp(会社を英語にしたが、分かりづらい)
  • kaishahp(ハイフンを無くしたが、読みづらい)

実際にドメインを決めるときにはいろいろなパターンを試してみて、一番しっくりくるものを選びます。

ドメインの種類を決める

ドメインを取得するためには、文字列と同時にその種類も決める必要があります。このホームページでいえば「.com」の部分のことです。

ドメインには多くの種類がありますが、会社のホームページとして使えるのは「.com」「.jp」「.co.jp」の3つになるでしょう。そして、これらのドメインにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

「.com」ドメインは世界で最も使われているドメインです。海外の会社は「.com」を使うことが多く、国内の会社でも「.com」を使っている会社は多いです。簡単かつ格安(年額1000円程度)で取得することができますが、希望のドメインが取りづらいという欠点があります。

「.jp」ドメインは日本向けのドメインです。日本の会社で「.jp」を使っている会社もあります。「.com」よりは明らかに希望ドメインが取りやすく、簡単に取得出来ますが、年額2000円程度と若干高くなります。

「.co.jp」ドメインは日本の会社向けのドメインです。国内のある程度規模のある会社が使っているという印象です。「.co.jp」は「.jp」よりもさらに希望ドメインが取りやすいですが、取得に審査があり、また年額4000円程度と高くなります。

個人的には「.com」「.jp」「.co.jp」の順番で希望ドメインが空いているものを取得するのがおすすめですが、好みもあるため一概には言えません。最終的には文字列と同様「一番しっくりくるもの」を選ぶという方法になるでしょう。

ドメイン業者を決める

ドメインが取得できる業者はたくさんありますが、どこで取得しても価格以外は変わりません。また、価格に関してもほとんどの業者はだいたい同じ価格で販売しています。

したがって、基本的にはレンタルサーバーと同じ系列のドメイン業者を選ぶという方法が分かりやすくおすすめです。会社ホームページのためのサーバーの選び方ではおすすめのレンタルサーバーとしてエックスサーバーとミニバードを挙げましたが、エックスサーバーを使う場合には同じ系列のエックスドメインを、ミニバードを使う場合には同じ系列のスタードメインを、という具合になります。

お知らせ

申し訳ございません。ただいま新規作成は受けつけておりません。

会社ホームページの作り方

会社ホームページ作成.comによるホームページの作り方を公開しています。

会社ホームページの作り方

© 2017 会社ホームページ作成.com