会社ホームページ作成.comは中小企業・個人事業主向けのホームページを格安で制作します。

会社ホームページには「WordPress」が最適

前回までは会社ホームページを作る大まかな流れについて見てきましたが、今回からは技術的な内容を書いていきます。

会社ホームページ作成.comではホームページの作成に「WordPress」というプログラムを使っています。WordPressとは元々はブログを作るためのの無料プログラム(正確には「オープンソースプログラム」と言います)です。しかし開発が重ねられ、今ではブログだけではなくかなり本格的なホームページを作ることもできるようになっています。

海外では大手企業でもWordPressを導入しているケースが多々あります。日本でもヤマサなど少数の大手企業ホームページで使われているほか、中小企業では非常に多くのホームページでWordPressが使われています。

さて、WordPressを使って会社のホームページを作ることには様々なメリットがあります。

このうち最大のメリットは「更新が簡単になる」ということです。

一般的なホームページはHTMLというファイルで作られていますが、この場合更新をするためにはHTMLを読み書きする必要があります。これはホームページ制作者にとっては難しくないことですが、素人にとっては非常に難しいことです。その点WordPressを使ってホームページを作れば、HTMLを読み書きすることなくブラウザから簡単に更新することができます。(厳密に言うとWordPressで作られたサイトもHTMLを使っていますが、WordPressで作ることによりHTMLを見なくて済むという形です。)

次のメリットは「機能追加が容易」ということです。

WordPressにはプラグインと呼ばれる様々な拡張機能があるため、必要な機能を手間をかけずに追加することができます。例えば会社ホームページの場合お問い合わせフォームは必須と言えますが、WordPressのプラグインを使えば1時間もかからずにフォームを設置することができます。(ただしやはり素人には難しいので、ホームページ制作者が行うことが一般的です。)

このようにWordPressを使うことによるメリットは非常に大きいものですが、デメリットもあります。

この最大のものは「ホームページ制作者にスキルが必要になる」ということです。

先ほど「WordPressで作られたサイトもHTMLを使っています」と書きましたが、WordPressでホームページを制作するということは、HTMLの知識に加えてWordPressに関する知識も必要になります。そのため、更新は簡単になりますが、そこに到るまでの制作に関してはWordPressを使う方が難しくなります。

WordPressを使うメリットは非常に大きいため中小企業の場合は利用を強くおすすめしますが、そのためにはWordPressに関する知識がある制作会社に依頼する必要があります。

お知らせ

申し訳ございません。ただいま新規作成は受けつけておりません。

会社ホームページの作り方

会社ホームページ作成.comによるホームページの作り方を公開しています。

会社ホームページの作り方

© 2017 会社ホームページ作成.com